広島市安佐北区の南原峡に行ってきました

南原狭にいってきました 冬の自然音

滝の音を求めて広島市安佐北区にある南原峡に行きました。

 

南原峡駐車場

南原峡駐車場への道

入口の看板から少し進むと橋が見えますので左に曲がります。すぐその先に駐車場を確認することができます。

南原峡 駐車場

こちらが駐車場です。あまり広くはなく6~7台程度の駐車スペースがあります。足元は石でゴツゴツしております。夏場のキャンプや登山シーズンは駐車が多いようです。シーズンオフですので閑散としていました。

南原峡 トイレ

こちらはトイレ。

加賀津ノ滝(かがつのたき)へ

駐車場奥の入り口から加賀津ノ滝へ

駐車場奥の道から加賀津ノ滝へと向かいます。

堂床山入口
堂床山分かれ道

入ってすぐに分かれ道の看板が目にとまります。そのままメインの道をまっすぐ進みます。

加賀津ノ滝の前

そのまま1本道を進むと階段が見えてきます。道中は石が多く落ちている印象です。

石采の滝入口

ここまでくると右側に加賀津ノ滝が目に入ります。石をまたいで対岸へ。上流の『石采の滝』は奥の階段を上がっていきます。右側を見ると・・・

加賀津ノ滝

『加賀津ノ滝』です。近くによることもでき、高さもありますのでなかなかいい感じです。

さっそく滝の音を撮ってみたのですが、ローカットを入れ忘れたために風のノイズが酷くて良い音が撮れませんでした。また機会があれば撮り直します。撮り直すなら秋の紅葉シーズンが良いですね。

駐車場の入口から加賀津ノ滝まで10分と少しでくることができます。

※動画のタイトルの字が間違っております。「南原狭」ではなく正しくは「南原峡」です。

石采の滝(いしうねのたき)へ

南原峡 危険

ここからは先ほどの写真の階段を上がっていきます。結構急で息があがります。階段を上りきり左に曲がると難所が・・・

はじめは行き止まりかと思うほど道が狭く、しかも落ちると2~3メートルは滑落しそうです。「ここを通るの?」と思わず引き返そうかと思ったほどです。

南原峡 崖

【道を通り反対側から撮影】わかりにくいかもしれませんが、怖かったです。へっぴり腰で横の岩の壁にもたれながら慎重に進みました。危険を感じた方は引き返した方が良いかもしれません。石采の滝へ向かわれる方は滑落に十分気をつけてください。

石采の滝への道

そこからは道なりに進んでいきます。道はハッキリしませんが川に沿って上へ上へと進みます。途中進めなくなるところは対岸へ渡ります。対岸に渡る際に浅瀬に足が浸る場合がありますので靴が濡れます。川を視界に入れながら上流へ進んでいきます。石がゴロゴロしていますのでねん挫しないように注意します。

石采の滝

『石采の滝』へ到着しました。人の気配がなく穴場といった感じですが、日当たりがあまり良くなく天気によっては不気味な感じになるかもしれません。加賀津ノ滝から遠くなく10分ほどで到着しました。駐車場からでも石采の滝まで30分もあれば見ることができます。こちらの滝も目の前まで近づくことができますので人がいなければ滝を独占できます。

南原峡へ行ってみて

可部エリアから少し入ったところにある南原峡。街中から少し入るだけでこんな滝があるんだという発見があります。石采の滝は道中少し危ないところがありますが、加賀津ノ滝は入口から10分とチョイで行くことができますので、リフレッシュや気分転換したい方、カップルの方はちょっとしたドライブデートのついでに見にいかれてみてはいかがでしょうか?

今回撮影した癒しの音

コメント

  1. こころを穏やかにする滝の音です。
    これを聞くだけで1日過ごそうです。
    ありがとうございます。

Translate »